我が家の金魚

夏祭りが楽しみだ

我が家で飼っていた金魚がついに1匹になってしまいました。

 

2年前に夏祭りでとってきてから、ずっと生き残っていた2匹のうちの1匹が最近死んでしまいバケツの中が寂しい感じになりました。

 

 

まさか屋台でとった金魚が1年以上も生きるとは思ってもみなかったので、大往生といえるでしょう。それまでにも何回か新人の金魚が入りましたが、やはりこの2匹以外はどんどん死んでしまいました。

 

 

残りの1匹はいまだに元気いっぱいで、バケツの中を泳ぎ回っています。もってきてから2年目を迎えるのも間違いないでしょう。

 

 

水槽などではなく、バケツに酸素の出る錠剤を入れているだけの買い方で、水の交換も全部一気にかえるなど、金魚にとっては過酷だったかもしれませんが、それでもこの2匹は生き残っていました。

 

 

 

結局死んでしまったのも寿命だと思います。弱って浮いてしまった状態から2日間生きていたので、とんでもない生命力でした。

 

 

死んでからは子供と一緒に庭に埋めてあげました。今年の夏祭りも近づいてきましたので、また新人が増えそうですが、それでもこの1匹はまだまだ元気いっぱいで泳いでいるでしょう(笑)

 

 

夏祭りも地域のやつなので、最後には余らない様にたくさんくれるので、また10匹以上は増えそうな感じです。次は1年以上生き延びる強者がいるのか楽しみです^^